センダード文化喫茶

この街で暮らす日々。

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


【創作】タイトルは決まっておりません

05月16日(月)01時58分
寝転がったまま、力任せに、何度も床を叩いた。
殴られた鼻がいつまでも痛くて、じんじんと響く度に、また悔しかった。

窓の外にちらりと舞ったものが、徐々に増えて視界を埋める。
こうしている間にも、雪は刻一刻とこの地を侵してゆくというのに。

「荒れてるね」

戸口から彼女の声がした。
抑揚の少ない、さしたる感情を表さないその声が耳朶に触れる。
ただそれだけでじんわりと目頭が熱くなる自分が余りにも情けなくて、腕で顔を覆った。

「何、泣いてんの」

丁寧に、腕が除けられる。

「先刻まで、あんなに暴れてた癖に」
「それとこれとは」

華奢な手でやんわりと腕を掴んだまま、彼女は俺を見据えた。動きに乏しく、でも深く吸い込むような、黒い大きな双眸。

「願は願の思うようにするべき」
「でも」
「私がいる」

がばり、と跳ね起きた俺の手を、彼女がぱらっと放す。目線だけがくりっと動いて合わされた。

二人で。何が出来る。

脳味噌を五秒きっかり総動員して、俺は口を開いた。

「戦う」
「どうやって」
「これで」

がっ、と手元にギターを引き寄せる。ネックを握って乱暴に立てると、振動でばいん、と音が鳴った。
弾けた弦の一本一本を辿るようにして、彼女の視点が戻る。
焦点が結び合った瞬間、口の端だけをほんの少し持ち上げて笑った。

微かな、けれど、澄んで透って揺るぎない、彼女特有の笑みだった。

--

スポンサーサイト


偶には過去も振り返る

04月07日(木)01時59分
つらつらと、自分の書いたブログを読み返しておりましたが。

昨年9月のこれ…今読むと、


──中々激しいもの書いてたな自分!


今読むからそう思うって事ですけど。






宵闇に数える

03月09日(水)02時12分


ひとつ、ふたつ
あなたに告げていない
事実が此処にあるのだけど

みっつ、よっつ
改めて告げたからって
一体どうだと云うのでしょう





眠れなかった夜のために(2)

11月03日(水)01時50分
マウスから手を離して紙を受取った。
「親睦会のお知らせ」と題したそれは、しわとよれで若干頼りない姿になっている。
出欠の欄は既に大分埋まっていた。全員が出席することもまずないが、曜日毎の契約になっている者も多いから、飲み会でもなければ殆ど顔を合わせない名前も少なくなかった。

「センセイは、行かないんですかぁ?」

声のする方に顔を上げると、先程から席を外していた木之崎が戻ってくるところだった。
事務の子が訊いているのは、今見ているこれの事だろう。ややぼそぼそと喋る彼の声は此方まで届かないが、遠目に見る表情だけでも返答が「否」であるのは容易に見てとれた。

「行かないんだ?」

向かいに座るのを待って声を掛けると、彼は軽く顔を顰めた。
立て続けに訊かれたのが不快なのか、揶揄うような口調が気に入らないのかは判らないが、おそらく両方だ。

「行く訳ないじゃないですか」

さも厭そうに即答してわたしから紙を受取ると、自分の名前が記された箇所に丁寧なバツ印を描いた。




追憶

10月26日(火)01時52分
長い髪と
しなやかな肩と


あの頃
君が可愛くて堪らなかったな


黙りこくった
彼女の瑕に気づかないふりをして


本当は
丸まって眠りたかったね




TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

秋成きよる

Author:秋成きよる
杜の都の駄目オトナ。
土木関係の会社で設計部署の下っ端をしつつ、
某携帯コンテンツのライターをしています。
ベルギービールが大好きで、
焼酎の味は未だ解りません。

一応本館(携帯サイト・PC閲覧できます)
<センダード戯人街>
写メ日記(気まぐれに更新)
<杜色雑記帳>




すぱむっぽいコメントやトラバは容赦なく削除させて頂いております。ご了承下さい。

ブログランキング

ランキング参加中。お気に召したらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

あれこれ

懸賞・小遣い ちょびリッチ

(こっそりお小遣い増強計画)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。