センダード文化喫茶

この街で暮らす日々。

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


黒澤祭を開催します──フィッシュストーリー

07月22日(木)00時47分
通勤地下鉄の中でちまちま読書していますあきなりです今晩和。

読み終わりました。
「フィッシュ・ストーリー」。
伊坂幸太郎の中編集です。


えー。
至極簡潔に述べれば。



──何だこの黒澤祭り?
(笑)



お買い得だなァおい。
(え?そゆこと?)
いや、この中の1篇が、「黒澤主役」だと云う事前知識はあったんですけれども。
もう1篇でも予想を上回る活躍ぶりでした。

だからどうした。と、思いつつも気になる方へさくさく進んでゆく黒澤さん。
他人を気に掛け、宥め、困惑する黒澤さん。



──何だこの山盛りサービスショット?
(違)



間違いなく黒澤ファン必携の書ですね。
いや全篇ちゃんと面白いですが。
(まったく感想になっていなくてアレですが)
「ポテチ」が一番好きです。



因みに、
マイベスト黒澤は「重力ピエロ」でした。

「ボブ・ディランは永遠に解散しないぞ」

は至言だと思っている。





スポンサーサイト


居ればいいよパンダの管理人──ふくよも

09月24日(木)22時53分
ターシャ・テューダー展に行きました。
行くまでえげれすの人だと思ってました。
申し訳ないくらい何となくで生きてますあきなりです今晩和。


「ふくよも」
とゆー漫画が本屋さんに出てまして。
元はウェブ連載らしいですね。フルカラーです。
非常に昭和的な木造アパートがありまして、管理人なんですね。


…パンダが。
(笑)


で、設定はよく解らんのですが、そのパンダの大福さんと一緒に5~6歳くらい?のよもぎちゃんが住んでいる、その日常模様です。

あの、
欲しいですね。
本がと云うより。



──パンダの管理人が。
(笑)



帰宅したら階段の下とか掃除しててほしい。

「あっ、あきなりさんお帰りなさい。
今日は八百屋さんでしめじが安いみたいですよ」

とか云って欲しい。
そして、カレーを作ったらお招きしたい。
妄想は膨らむばかりです。
(本買えよ)

しかし、今欲しい漫画本はと云われたら「でもくらちゃん」かもしれない。
(脈絡なし)


よも、
って云うと反射的に、

「ヨモリ時計店のヨモ様ヨモリ!」

って頭に浮かんじゃうんですけど、ネタ判る人いるかなあ。いないかなあ。
わたしーの彼は鳩どーけーい、ぽっぽー♪



BLEACHの続きを読むべきか。

06月30日(月)22時48分
えー、ぶりーち…
と云うか、



──ルキア熱が再燃。
(莫迦)



や、相変わらずうちの本棚は21巻で止まってるんだけどね!
(買えよ)
先日唐突に、人がミュージカルDVDを持ってきやがりまして。何のかんのでアニメ版すら観てない体たらくなので無論そーゆーものは初めてで、大変衝撃を受けた次第なのです。


くるっくる踊る白哉兄様。
結構ノリノリな白哉兄様。



…どう観ていいのか解らん…
(てゆかそこかよ・笑)


しかしあれキャストそのものに着目すると、

あーこの子だけはミュージカル経験者だなー、とか、
これ劇団員ぽいなー、とか、
アクション畑の人っぽいなー、とか、
元々テレビ向けとかタレントさんなんだろな、とか、
不思議な場慣れ感があるから噂に聞くあのミュージカルに出てた人なんだろか、とか、


結構丸分りで面白いですね。
(後で調べたら大体合ってた)


で、
他にもちょいちょいきっかけがあって、
あのシーンどんなんだっけ?
と読み返したら、

処刑だ何だのくだりで、

ひょいひょい抱き上げられたり
小脇に抱えられたり
果ては投げられたり

してるルキアがやはし可愛ゆーて仕方がなかったんですよ。
(笑)



…ちまくて細くて黒髪の基本凛々しい女の子大好きですけど、何か?
(阿呆)



雛森ちゃんも好きです。





中部の妹へ私信:
基本姿勢はダッシュ遁走です。俊足です。
ほら、僕恥ずかしがり屋さんだから☆
(云ってろ)



実は絵本語らせるとちょっぴし歯止め効きません

06月20日(金)02時12分
ちょ、ジャッキーいいいい!
アンタ何時の間に、



──彼氏とか出来てんの!!
(爆)



「くまのがっこう」絵本シリーズの話です。
(作・あいはらひろゆき 絵・あだちなみ)
累計85万部のヒットらしいとか、海外出版されたらしいとか、キャラグッズすげえ出てるとか、それもこれもめたくそ愛くるしいあのくまのこ達を見ただけで納得間違いなかろう。の子供も大人も文句なし絵本なのですが。
もう12冊も出てるんですね。
最初の2作と、飛んで「ジャッキーのいもうと」(7作目だったらしい)しか見てなかったので、本屋に立ち寄ったついでにつらつら眺めて来まして。

寄宿舎に暮らすくまのこ12匹。
11番目までは男の子で、12番目が一番ちまい唯一の女の子(本人的にはみんなのおかあさん)、ジャッキー。
で、基本的にお兄ちゃんたちは皆ジャッキー大好き。
(お誕生会なんかフル回転しとるのね)
(パンやさんのも可愛かったけど)

で、えー、問題の彼氏は3作目「ジャッキーのじてんしゃりょこう」にて海で出会うしろくま君なんですね。
2匹でおやつ食ったりしてるんですが、



──お兄ちゃんズめっちゃ後ろで見てる。
(大好きすぎ)
(そしてみっしり固まりすぎ)


単に文に対しての挿絵ではなく、細かい要素があちこちにちりばめられているのって、愛される絵本条件の一つではないかと思います。
だるまちゃん(加古里子)や11ぴき(馬場のぼる)シリーズは典型、旅の絵本やあいうえおの本(安野光雅)なんて極みだね! ちいさいおうち(バージニア・リー・バートン)の中盤、おうちがやつれていく(笑)くだりも外せない。
ぐりとぐら(中川李枝子/大村百合子)シリーズも、力の入らない画風は変わらないながら、巻を重ねていくと植物や小物の描き込みがどんどん進化していくんですよ。


くまのがっこうに話を戻しますが。
結構よく泣くんです、ジャッキー。
夜中にさみしくなっちゃったお兄ちゃん達を慰めに奔走して、皆が落ち着いた頃に自分が泣いちゃったり。
夕陽が奇麗すぎて泣いちゃったり。
やんちゃな迷子を一日面倒見て、別れた後で泣いちゃった場面では、

「今日は一日頑張ったのだから、泣いてもいいんです」

と云うような趣旨の一文があって非常に印象的でした。


感動や一生懸命の結果としての「涙=感情」を我慢するのではないよ、とか。
涙が出るくらいの全力もいいもんだよ、とか。
色々当てはめられますがどう受取るかも含めて、今とこれからを生きる子供達には必要なメッセージではないかと思います。


ちなみに。
待ち合わせに現れた友人への第一声。


「ちょ、何あのしろくま」
「ああ、彼氏ですか」


僕らの中ではデイビットそんな扱い。
(大笑)



ここんとこ立読み事情

06月09日(月)23時49分
りりり、
りんちゃんがおっきくなってる!!!!

うさぎドロップの話です。久々にフィールヤングを立ち読みして衝撃を受けました。
いやーん、ずっと小学生のりんちゃんで季節が進んでいくんだと思ってたのに!
てゆか、コウキくんの方が衝撃だ!
(笑)

一寸ヨイ科白があるんですけども、



──その口調ダイキチそっくりじゃん!!!!
(笑)



一切やらん、て。
そのまんまだよ。
どう育ってもあの子は大吉に頭あがんないのね。
うふふ、そこは可愛いなあ。


そして、
サプリも欠かさない。

「30歳過ぎてハマる場所が結局自分の陣地」

…ああ、そうかもなあ。
自分のやってきた事持っているものの中で、フル稼働で次を目指せるベクトルは段々絞れてはくるし。確かに。

おかざきさんの「仕事の言葉」はいちいちずこんと来るのです。漫画家になるまでも、きっとプロ意識の高い人が沢山働いてるフィールドに居たんだろうなって、思う。


あとは、3月のライオンはやっぱ二階堂君の濃ゆさだなとか。でも高橋君こんな出てくるようになると思わんかったな。ローマイヤ系ですね、あの子。厭味なく老若男女にモテモテな感じが。

バロンドリロンドの続きも一寸気になっています。
ツンデレ同士の恋(違)に奇跡は起きるのかしら。



TOP次のページ>>

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

秋成きよる

Author:秋成きよる
杜の都の駄目オトナ。
土木関係の会社で設計部署の下っ端をしつつ、
某携帯コンテンツのライターをしています。
ベルギービールが大好きで、
焼酎の味は未だ解りません。

一応本館(携帯サイト・PC閲覧できます)
<センダード戯人街>
写メ日記(気まぐれに更新)
<杜色雑記帳>




すぱむっぽいコメントやトラバは容赦なく削除させて頂いております。ご了承下さい。

ブログランキング

ランキング参加中。お気に召したらクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

あれこれ

懸賞・小遣い ちょびリッチ

(こっそりお小遣い増強計画)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。